マイルストーン払いって何?Webライターにメリットはあるの?

「マイルストーン払いって何?」

「マイルストーン払いのメリットはあるの?」

「マイルストーン払いって面倒じゃないの?」

 

この記事は、そんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。

 

この記事を読んでわかること

    • マイルストーン払いとはどんなものなのか

 

    • マイルストーン払いをすることで得られるメリット

 

    • マイルストーン払いの手続き方法

 

 

私は2013年にクラウドワークスに登録してから、様々な案件へトライしてきました。

 

通算6年ほどクラウドワークスを利用している現役Webライターの私が、

 

クラウドワークスのマイルストーン払いについてご紹介します。

 

では、さっそく見ていきましょう!

 

 

 

クラウドワークスのマイルストーン払いとは?

 

クラウドワークスのマイルストーン払いとは、簡潔に言うと

 

「報酬が分割で支払われる」ことです。

 

 

通常なら、報酬の支払いは一括で支払われます。

 

マイルストーン払いだと、報酬の支払いが何回かに分けて支払われることになります。

 

例えば、記事作成の案件で、5記事納品して報酬が10,000円のものがあったとします。

 

本来なら5記事すべてを納品した時点で報酬の10,000円が支払われますよね。

 

これがマイルストーン払いだと

 

1記事納品した時点で3,000円 とか

 

3記事納品した時点で6,000円 とか

 

お仕事の進み具合によって報酬を受け取ることができます。

 

 

1記事納品するごとにマイルストーンを設定したり

 

10記事のうち5記事納品できたときにマイルストーンを設定したりと

 

マイルストーン払いの回数は、クライアントと私たちWebライターで協議して自由に決めることができます。

 

また、金額も自由に設定することができます。

 

ただしマイルストーン払いの分割の回数は20回が上限です。

 

 

 

マイルストーン払いはWebライターにとってメリットある?

Webライターにとってメリット大ありですよー!!


どんなメリットがあるのかというと

 

  1. 安心できる
  2. モチベーションを保てる
  3. 報酬の未払いを防げる
  4. 信頼できるクライアントかはかれる

 

Webライターにとってこのようなメリットがあります♪

 

詳しく見てみましょう。

 

マイルストーン払いのメリット① 安心できる

数記事まとめて受注した場合、通常ならすべての記事を納品してから報酬は受け取れますよね。

 

ということは、すべての記事を納品するまでに1ヵ月かかったなら、

 

その間は報酬を受け取れないということです。

それって私たち受注者にとっては不利だと思いませんか?


納品したらその分の報酬はすぐ受け取りたいのが本音ですよね。

 

そんな悩みを解決してくれるのがマイルストーン払いです!

 

「〇記事納品したら□□□□円」と先に決まっているから

 

安心して作業に集中できます。

 

マイルストーン払いのメリット② モチベーションを保てる

 

書いても、書いても……報酬を受け取れないとモチベーションが下がってしまいますよね。

 

すべての記事を納品するまで報酬が受け取れないなんて...地獄です。

 

 

一部を納品するとその分の報酬が受け取れたら、次のモチベーションにもつながると思いませんか!

 

私はいつも「これを書きあげたら〇〇〇〇円」と念じながらやる気を出しています(笑)

 

マイルストーン払いにしておけば、こちらの進み具合によって報酬を受け取れるから

 

高いモチベーションを持って頑張れますね!

 

 

メイルストーン払いのメリット③ 報酬の未払いを防げる

も、もしもですよ!

 

全部で30記事納品したのに、クライアントと音信不通になってしまったら…

 

必死で書き上げた労力も、記事書きにかけた時間も、

 

全てがパァ~です。

 

まーさすがにそんなにひどいクライアントはいないでしょうし、

 

クラウドワークス側に相談すればいいでしょうけど、

 

「絶対にナイ」とは言い切れませんよね。

 

そんなクライアントと音信不通になったときの回避策としても

 

マイルストーン払いは有効なんです!

 

マイルストーンで分割払いにしておけば、

 

報酬全額を受け取れないということは避けられます。

 

 

マイルストーン払いのメリット➃ 信頼できるクライアントかはかれる

はじめて取引するクライアントのときは、ちょっぴり緊張しますよね。

 

だって、どんなクライアントかわかりませんから。

 

私は、はじめて取引するクライアントのときは、

 

クライアント評価を必ずチェックします!

 

「星の数」と「受注者の感想」は必見です。

 

そして、マイルストーン払いに応じてくれるかどうかも

 

信頼できるクライアントかをはかるポイントになります。

 

マイルストーン払いって、私たちWebライターにとってのメリットだけじゃなく、

 

実はクライアント側にとってもメリットがあるんですよ!

 

・何回も同じ仕事の発注をかけなくていい

・一度に多額の費用を準備しなくていい

・仕事量がハッキリわかっていなくても発注をかけれる

 

このように、マイルストーン払いにすれば

 

クライアントの負担も軽くすることができるんです。

 

お互いにとってメリットしかないマイルストーン払いなので

 

断る理由がありません。

 

「マイルストーン払いを断る」ということは

 

クライアントがただ面倒くさがってるだけということです。

 

私たちWebライターが働きやすいように

 

という心遣いも何もありません。

 

逆に、マイルストーン払いに対応してくれるクライアントは

 

私たちWebライターのことも考えてくれる信頼できるクライアントと言えます。

 

マイルストーン払いのメリット⑤ 手数料が安くなる!?

実は、意外に知られていないのが

 

「マイルストーン払いにするとシステム手数料が抑えられる」

 

ということ。

 

クラウドワークスでは、システムを利用するために20%の手数料がかかります。

 

私たちが報酬を受け取るとき、全額ではなく、一部手数料を引かれて支払われますよね。

 

そのときに引かれているのが、システム手数料の20%です。

 

20%といったら結構な金額ですよね。

 

報酬が5,000円だったら1,000円は手数料で持って行かれます。

 

私たちの手元には4,000円しかきません。

 

システム手数料をもっと安く抑えられたら助かりますよね。

 

っと、期待させてすみません。

 

システム手数料を抑えるためには、

 

1つのクライアントとの契約で、10万円以上の仕事を受注しなければいけません。

 

それは、初心者Webライターには至難の業です。

 

なので、簡単に説明しますね。

 

マイルストーン払いにすると

 

10万円までは 20%

 

10万円~20万円までは 10%

 

20万円以上は 5%

 

と段階的に手数料が安くなります。

 

しかし、ちょっと複雑なんですが...

 

例えば12万円のお仕事を受注したとします。

 

10万円以上の場合、手数料は10%だから

 

報酬12万円に対して手数料が10%になるかといったらそうではないんです。

ややこしいですね…


1回目のマイルストーン払いで60,000円

 

2回目のマイルストーン払いで60,000円

 

だったとします。

 

1回目にはまだ100,000円を超えていないので手数料は20%になります。

 

2回目に100,000円を超えるので手数料は10%になります。

 

 

今後のために、マイルストーン払いでシステム手数料を抑えられるかも!?

 

ってことだけ覚えておくといいかもしれません。

 

マイルストーン払い対応のクライアントか確かめるには?

 

クライアントが、マイルストーン払いに対応しているかどうかは、

 

募集案件のクライアント名の下の表の一番上に

「※マイルストーン払いに対応」と記載があるかを確認しましょう。

 

 

記載があればマイルストーン払いに対応してもらえるクライアントです。

 

マイルストーン払いって面倒?

なんにも面倒なことはありませんよ!

 

案件に応募する画面で「マイルストーン(段階払い)を追加する」をクリックして、

 

希望するマイルストーンの内容を入力するだけです。

 

その他に必要な手続きも、マイルストーン払いにするからといって

 

別に手数料が必要になるわけでもありません。

 

マイルストーン払いを使って損をするということは決していないので、安心して利用しましょう。

 

 

 

まとめ

クラウドワークスのマイルストーン払いについて紹介しました。

 

最後にもう一度おさらいしておきましょう♪

 

 

この記事のまとめ

    • マイルストーン払いとは、分割払いのこと

 

    • マイルストーン払いにはメリットしかない

 

    • マイルストーン払いに面倒な点はひとつもない

 

 

クラウドワークスのマイルストーン払いは、私たちWebライターにとって安心できるサービスです。

 

マイルストーン払いを利用すれば、

 

「このクライアント大丈夫かな?」

 

「ちゃんと払ってもらえるかな?」

 

そんな不安を抱えることなく、ライティングに専念できます。

 

マイルストーン払いは、現時点でクラウドワークスだけが取り入れているサービスです。

 

しかし、マイルストーン払いの利点が考慮され、今後ますますクラウドソーシング業界に浸透していきそうな予感です。

トラックバックURL: 

ページの先頭へ